コンブチャマナダイエットで太る?逆効果なのか調べてみた

酵素ダイエットは代謝酵素を増やす事によりどんどんエネルギーを使うような体に変えて健康を保ちつつ痩せられるダイエット法です。
しかし、酵素ダイエットを正しく理解していなければ逆効果になってしまうことも。
原因や正しい酵素についての知識をご紹介します。

 

 

酵素を摂取するだけでは痩せない

よくある間違った考えとして「酵素を摂取するだけでどんどん脂肪が燃焼される」というものがあります。
酵素を摂取することでたしかに代謝を上げることはできますが、食事を多少なりとも変えなければ痩せるのは難しいでしょう。
酵素ダイエットの正しいやり方は「置き換え」です。誤ってもいつもの食事+酵素ドリンクはやってはいけません。
ただ余分にカロリーを摂取しているだけになってしまいますからね。

 

カロリーが高いものもある

酵素と聞くと特にカロリーが高いわけでもなく、むしろダイエットに使われているから低いんじゃないかと思いますよね。
酵素の主成分はたんぱく質でできており、さらに酵素ドリンクの中にほかの成分を混ぜているとカロリーが高めになってしまっているものが数多くあります。

 

なので、酵素ダイエット中は消化しやすいものを食べるようにしましょう。

 

 

ファスティングは逆効果?

ファスティング(断食)をしてしまうとその反動でリバウンドしてしまうから、酵素ダイエットでファスティングはやめたほうがいいと時々耳にします。
これは間違ってはいませんが、正しくもありません。

 

ファスティングを中途半端に行ってしまうとリバウンドの可能性が倍増します。
しかし、2週間ほどプチ断食をしっかり行うと食欲をつかさどっているホルモンの分泌がリセットされます。
そのため過食な人も食欲が正常になりリバウンドしにくくなります。

 

page top