肌を薄くしく保って痩せるには

肌を美しく保って痩せるには

ダイエットをすることによって得られるメリットらたくさんありますよね。
例えば、痩せてモテるとか自分に自信がついて毎日が楽しくなるとか
とても大きなメリットがあるおかげでダイエットを頑張れると思います。
しかし、だいたいの人はメリットしか見ていません。
ダイエットにはもちろんデメリットが存在します。
正しいやり方を知らなければ肌荒れを起こし、痩せても肌が汚く美しくない!といった悩みを抱えてしまうでしょう。

 

ではコンブチャマナダイエットでは肌荒れをしてしまうのでしょうか。また美肌を保つためにはどうしたらいいのかなどご紹介します。

 

過度なダイエットは肌に悪い

皆さんやりがちな誤ちはダイエットをストイックに行い過ぎてしまうことです。
何事にもストイックに取り組むことは良いのですが、ダイエットに関しては少し緩めに行った方が良いでしょう。
というのはダイエットでは基本的に食事制限を行うことが主流になっています。
この食事制限をストイックに行ってしまうと体に必要な栄養素が不足してしまいます。
とくにタンパク質、脂質、炭水化物などの主要な栄養は肌にも重要になってきます。

 

 

タンパク質の不足

タンパク質は肌や髪の構成要素であるペプチドが不足することで肌のターンオーバーがしっかりできず、肌荒れを引き起こしてしまいます。
また、筋肉の構成要素でもあるので、不足すれば筋肉量がどんどん減り、基礎代謝が落ちてくるでしょう。

 

脂質の不足

ダイエットの時に一番抑えたいのが脂質ですよね。脂っぽいものはさけて、出来るだけさっぱりとしたものを食べると思います。
しかし、これも過度に行うと美容に良くありません。
脂質はホルモンなどの細胞膜を構成しています。
不足することでホルモンバランスが崩れ肌荒れを引き起こします。

 

 

炭水化物

ダイエットでよく減らしがちなものが炭水化物です。
糖質抜きダイエットでは血中の糖(グルコース)が減ることで、エネルギーを脂肪から取ることができると言われていますが、このダイエット法だと血中の糖が低下し脳に供給できるエネルギーが不足してしまいます。そのことで、やる気が出なかったり集中できずにイライラするなどの症状が現れることもあります。
ストレスは美容にとって悪影響なので要注意です。

 

 

 

コンブチャマナは肌に良い

コンブチャマナにら様々なスーパーフードが含まれており、肌に良い成分が豊富に配合されています。
※スーパーフードとは栄養をかなり多く含んだ食材のこと

 

コンブチャマナに含まれるカムカム、マキベリー、アサイー、乳酸菌が肌を美しくするのにかなり効果的です。

 

 

カムカム

ビタミンCがかなり多く、普通の食材の2,30倍以上入っています。ビタミンCはコラーゲンの生成を促す効果があり、肌のハリに欠かせない成分となっています。
コラーゲンは直接摂取してもあまり意味がないとされているので、ビタミンCなどコラーゲンを合成しやすくする成分を積極的に摂取することが大切です。

 

 

 

マキベリー

ポリフェノールが多く、肌の老化防止に役立ちます。
特に外出時などの日差しによる光老化に効くと言われています。
肌は紫外線をうけると自分の身を守るためできるだけ光を通さないように厚くなっていきます。
また活性酸素を放出し肌を酸化させてシミやシワを作ってしまいます。
ポリフェノールはその酸化作用を防止しシミやシワを作りにくくしてくれるのです。

 

 

アサイー

ビタミンEが豊富で細胞に対するダメージを減らします。
肌は様々な刺激によりダメージを受けます。ダメージの大部分を占めているのが酸化です。
ビタミンEは抗酸化作用をもち肌が酸化されダメージを受けることを防いでくれるのです。

 

 

 

乳酸菌や酵母

コンブチャマナには150億個もの乳酸菌や酵母が含まれており、腸内の環境を改善してくれます。
腸の調子が良くなることで吸収も良く肌に十分な栄養を送ることができます。

 

 

 

page top