え!?コンブチャマナは飲む時間で効果が変わる?

タイミング!?コンブチャマナは飲む時間で効果が変わる!

最近、注目を浴びてきているコンブチャマナ

 

ダイエットサプリメントとは思えないほどの栄養が1包に詰まっています。
せっかく飲むのであれば一番効果があらわれる時間やタイミングで飲んだ方がいいですよね。
また、飲む時間がある程度決まってしまっているという方でも効果が出るのか。

 

様々な疑問があると思います。
そんな疑問や悩みを解決していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

向いていない人

置き換えダイエットをしたく無い人

コンブチャマナは置き換えダイエットにより効果が出ます。
コンブチャマナをただ飲んでいるだけだと、一気に痩せるのは難しいです。
三食たくさん食べたい!けど痩せたい!という方は食事療法ではなく、運動によるダイエットをするしかありません。

 

 

 

ベリー味が嫌いな人

味はベリー味なので嫌いな人には向いていません。
逆に飲める人にとっては美味しくダイエットできるので最適なものになっています。
一度購入してみて続けられそうかどうか判断するのが良いと思います。

 

 

 

コンブチャマナはこんな人に向いている

 

今すぐ痩せたい人

 

コンブチャマナはカロリーが17.3kcalととても低いのにもかかわらず、乳酸菌が150億個、豊富な酵母、スーパーフードを23種類などなど、栄養をたくさん含んでおりダイエットしながら健康になることができます。
そして
短期間で体重を落とすためには、運動だけだと痩せることができません。
運動で1ヶ月に2kgなどの急速ダイエットを行う場合、1日2-3時間ハードなトレーニングを行う必要があります。
一般的にお仕事をされている方ですと、1日2?3時間もトレーニングに使えなかったり、そんなハードなトレーニングなんて出来ないという方が多いのです。
始めたとしても三日坊主で終わってしまい、挫折したという方が多いのではないでしょうか。

 

なので短期間で痩せるには運動ではなく食事で痩せた方が楽なのです

 

短期間で痩せたい場合、食事で痩せると言いましたが、大体の人は栄養がとれず体調がだんだん崩れ、気分も落ち込んできてしまいます。

 

なのでしっかり栄養も取れる方法としてコンブチャを飲むことで栄養も取れダイエットできるので、短期間でもモチベーションを保ったまま痩せることができます

 

 

 

 

いつまでに痩せたいと決断している人

コンブチャマナは基本的に置き換えダイエットをする事で短期間で痩せることが可能です。
そして、ダイエットはずっと続けるものではありません。
自分の理想の体になったとき、ダイエットを卒業しなくてはいけません。

 

いつまでに痩せると決まっていないとダラダラと続けることになってしまいます。
逆に決まっている人でしたら、モチベーションが高く、食べたいものを我慢し置き換える事ができます。
なのでいつまでに何キロ痩せるのか決断しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

置き換えダイエットをするのであれば夜


夜は1日の疲れが特にたまり、脳が疲弊している時間です。
脳が疲れていると、前頭葉の働きが悪くなります。そうすると自制心をしっかり発揮できず、ダイエットしたいのに食べ過ぎてしまったりと本能のまま動いてしまいます。

 

また寝る前は副交感神経が優位になっており、消化器の活動が活発になっています。
そのため脂肪などを吸収しやすいのです。
交感神経があまり働いてないので、脂肪の分解より合成の方が優位になっていることもあり、太りやすいのです。

 

なので置き換えをするのであれば、食べ過ぎてしまいやすい夜にコンブチャマナにすることで、食べ過ぎを防ぎ、さらにダイエット効果も得ることができます。

 

 

また、夕飯を少なめにすることにより睡眠の質が向上します。
睡眠の質が悪いと、食欲を増進させる物質が出ることが研究で明らかになっています。
睡眠はホルモンにも影響してくるので、肌荒れなどが気になる方は、夜に置き換えて睡眠の質を向上させましょう。

 

 

 

夜、我慢できない人は朝でもOK

夜はとてもお腹が空いてコンブチャマナだけじゃ足りない、空腹のストレスがすごい!
という方は無理に夜置き換え無い方がいいです。
ストレスを感じているときは短絡的な衝動にかられやすく、目の前の欲求に負けやすい状態です
なので、ダイエットを成功させたいのであれば、なるべくストレスを溜めないことが大切です。

 

また朝に置き換えることでいい影響もあります。
朝起きてからは交感神経がだんだん優位になってきます。
交感神経が活発になってくるとアドレナリンが分泌され、脂肪の燃焼が促進されます。
また、朝は空腹状態なので、食事を摂らないことで脂肪を燃焼させることができます。

 

 

朝は脳がスッキリしており、エネルギーが満タンの状態です。
なので自制心もききやすく、コンブチャマナだけでも我慢できる確率がぐっと上がります

 

また、そのまま食べずに職場に行くことで強制的に我慢できるので、夜置き換えするよりずっと簡単にダイエットを成功できます。

 

プチ断食は血糖値が安定すると言われており、気分も脳の働きも良くなることが分かっています。

 

 

 

 

 

 

便通や胃腸の調子を良くしたい人は食後に


乳酸菌は胃酸にとても弱くいきた状態で腸まで届けるためには、まず先に食べ物や飲み物で胃酸を軽減させることが大切になってきます。

 

ストレスにも弱く、ストレスを感じやすい寝起きや会社など他人と接する事が多いお昼に飲んでしまうと、ストレスで乳酸菌の元気がどんどんなくなり、効果が薄まってしまいます。

 

 

 

 

しっかり栄養を取りたいのであれば食前

食前の空腹状態は体がエネルギーを欲していて吸収率がとても高い状態にあります。
なのでそのような時に摂取する事で無駄なく体に吸収されます。

 

 

 

ダイエットも便通も良くしたいのであれば食前!

食前は吸収率が高く、その時間帯にコンブチャマナを摂取するといいでしょう。
しかし、ただ飲むだけですと乳酸菌が胃酸によって死滅してしまいます。
なので、コンブチャマナを飲む前に水を一杯飲んで胃酸を少し薄めてから摂取する事で、腸までしっかり届くようになります

 

一番効果があるのが上記の方法ですが、そこまで気にしなくてもコンブチャマナでしたら十分な効果は得られます。
というのも、コンブチャマナには乳酸菌が150億個もいるので全てが胃酸で死滅してしまうといくことは考えにくく、腸まで届くものもいます。

 

またコンブチャマナに多く含まれる酵母は死滅しても腸内にいる善玉菌のエサになり、腸の調子を良くしてくれます。
なのであまり気にしなくても継続的に飲んでいれば便通が良くなってきます。

 

 

 

 

継続が大事

同じ乳酸菌がずっと腸にいるわけではなく、体外に排出されてしまいます。
なので出来るだけ毎日乳酸菌を摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

乳酸菌を多く摂ることが幸せにつながる


人が幸せにと感じる時はセロトニンという物質が分泌されています。
幸福ホルモンと言われているセロトニンは腸に80〜90%ほどいるのです。
腸が元気だと腸内のセロトニンが脳にいき幸せを感じやすく、心がパッとした気分になります。
「最近つまらない」「自分なんかダメ人間」
と心がズーンと重く感じている方は腸の調子を良くする事で改善されるかもしれません。

 

 

 

乳酸菌で病気予防

ストレスで病気になる原因の1つにアドレナリン、ノルアドレナリンの分泌があげられます。
ストレスを感じるとアドレナリンが放出され悪玉菌の増殖を促進させてしまい、病気になってしまいます。
その悪玉菌の増殖を抑えてくれるのが乳酸菌です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱は抑えめ

あまり熱してしまうと死滅してしまうので注意しましょう。
乳酸菌や酵母、酵素などは人肌の温度(36?38℃)で一番働きが活発になります。

 

 

 

 

 

 

 

食べ合わせ

コンブチャマナには体にとって良いとされている成分が多く含まれています。
コンブチャマナには

カムカム
マキベリー
ココナッツ
アサイー
ハイビスカス

 

 

 

などの栄養素が豊富なスーパーフードが含まれています。
食べ合わせによって相乗効果をもたらし、あなたに良い影響を与えることができます。

 

コンブチャマナとの食べ合わせをご紹介します。

 

 

 

 

カムカム+青汁

 

月経やダイエットで栄養が足りていない方は貧血になりやすく、鉄分が不足しがちです
そのような人にはビタミンCがとても重要になります。
ビタミンCは非ヘム鉄という吸収されにくい鉄を吸収しやすくすることができます。

 

コンブチャマナに含まれるカムカムという果物はビタミンCが多く、レモンの50倍、リンゴジュースの1000倍とも言われています。

 

貧血に悩んでいる方は青汁と一緒に飲むと良いでしょう。
青汁に含まれている鉄分は非ヘム鉄です。鉄分が豊富に含まれているので、コンブチャマナと一緒に飲むことで吸収しましょう。

 

 

 

また、ストレスを感じやすかったり、アルコール類をよく飲む方はビタミンCがしっかり吸収されず分解されてしまっていることがあります。

 

この分解されることを防ぐにはビタミンPを摂取しましょう。
ビタミンPはミカンやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。
ヨーグルトと一緒に食べると美味しいのでオススメです。

 

またビタミンPにはLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあるので、動脈硬化などの予防にもなります。

 

 

 

マキベリー+海藻類


スマホを長時間見ていたり、仕事がパソコン業務えの方は目の疲れが特に気になると思います。
そのような方にお勧めの食べ合わせです。

 

マキベリーにはアントシアニンが豊富です
アントシアニンの効果はロドプシンという目の色素の合成を促進させる働きがあります。
ただの色素というわけでなく色を識別するのに必要な成分です。
目を長時間使うことでロドプシンが破壊され、目がだんだん見えなくなったり、疲れを感じたりします。
アントシアニンを摂ることで眼精疲労に効果があると言われています

 

またルテインやタウリンと一緒に摂取することで、効果が高まるとも言われています。
ルテインはブロッコリーやほうれん草などに
タウリンは海藻類や魚介類に含まれているため

 

コンブチャマナを飲んだ後にサラダや味噌汁を食べたりするのが良いでしょう。

 

 

 

 

ココナッツ+お酒


ココナッツにはナイアシンという成分があります。
ナイアシンはアルコールの分解を促進する効果があり、二日酔いや酔いすぎの防止に有効です。
どうしてもお酒を飲まなきゃいけない状況になってもコンブチャマナも飲むことで、酔いが早く冷め、食べすぎたりすることを予防できるでしょう。

 

また、ナイアシンはトリプトファンからできており、トリプトファンは幸福ホルモンである「セロトニン」の合成にかかせない物質です。
最近、疲れを感じている人はセロトニンが足りていないかもしれません。
疲れからお酒を飲んでしまっている人にも有効です。

 

 

 

 

アサイー+イチゴやバナナ


アサイーにはビタミンEが豊富であり、ビタミンCと一緒に取ることで抗酸化作用を強めることができます。

 

体は酸化されると構造が破壊されてしまい、ダメージをうけます。
美容に大切なコラーゲンなども、同じく酸化されることで破壊されてしまい肌のハリやツヤを失ってしまいます。

 

この酸化を行なっているのがフリーラジカルという物質で、その働きを抑制することが抗酸化作用です。

 

抗酸化作用=老化防止なのです。

 

 

 

ハイビスカス+パン


ハイビスカスにはクエン酸やリンゴ酸が多く、活発に動きたい人や、エネルギーを満タンにしたい!という人に最適です。
クエン酸は疲労の原因となる物質や乳酸を代謝し、疲れにくくしてくれます

 

そして、パンの酵母に含まれるビタミンB1には炭水化物を分解しエネルギーに変えてくれる効果があります。
コンブチャマナと飲むことで疲れにくく、さらにエネルギーを作り出すことができるので最強のコンビネーションです。

 

また、コンブチャマナはベリー味でパンとも合うので飲みやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、コンブチャマナは飲む時間や飲み方によって効果が変わってきます。
あなたのライフスタイルに会う飲み方や飲む時間を選ぶことが大切です。
そして、自分にあうダイエット法を探すことも大切であり、まずは試してみることをオススメします。

 

自分に合う方法が見つかればもう怖いものなしです。後は実践し自分の理想に近づくだけです。

 

 

page top