コンブチャマナに含まれる糖質は驚愕の数値

コンブチャマナに含まれる糖質は驚愕の数値だった

コンブチャは緑茶に砂糖を加えてキノコの形をしたゲル状のものと混ぜて発酵させたものがコンブチャです。
砂糖を加えているからコンブチャは糖分が高いのではないかと心配になったので、
コンブチャマナの糖分や炭水化物などはどのくらい入っているのか
ジュースみたいなものだから逆に太ってしまわないか
など調べてみました。

 

 

 

コンブチャマナの糖分は低めだった


コンブチャマナ の成分を調べてみると糖質は0.003g炭水化物は4.374gでした。
数値を見てもパッとは分からないので、ご飯一杯と比べてみましょう。
ご飯一杯で糖質は0.5g、炭水化物は55.7g入っています。
ご飯一杯を少なく見積もっても、コンブチャマナ の糖分は1/250しか入っていません。
炭水化物もご飯の1割も満たないほどです。

 

 

砂糖を加えているのにこんなに低い理由として挙げられるのは酵素がエネルギーとして使うというのがあります。
コンブチャが発酵する過程で、酵素が糖分を使ってくれるので少ないのです。

 

そもそも糖質制限をする理由

糖質を制限することはなぜダイエットに良いのか調べました。

 

飢餓状態を作る

まず脂肪が燃焼されるためには体が脂肪をエネルギーとして使ってくれなければなりません。
しかし、脂肪というのは何かあったときのためにエネルギーをためこんでいる状態で、いわば備蓄です。
体を必死に動かしても真っ先に備蓄から使うわけではなく、血中の糖質を先にエネルギーとして使います。

 

先に使う糖質を減らしてしまうことでエネルギー不足にします(これが飢餓状態)
不足すると備蓄していた脂肪を分解しエネルギーとして使うのです。

 

 

インスリン

糖質を摂取したときにインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは糖質を細胞の中に引き込み血糖値を下げるのですが、その際に脂肪酸も一緒に引き込み脂肪を合成してしまいます。
なので、糖質を制限してインスリンの分泌を抑えるこおで脂肪を合成しにくくすることができるのです。

 

本当に糖質制限は痩せるのか

理論上は糖質制限は痩せるということになっていますが
実際のところ研究では、糖質制限するのと、ただカロリーを抑えるのではどちらも痩せる量はさほど変わらなかったという結果がでています。

 

なので全体的な食事のバランスを変えずにカロリーを減らす方が健康的に痩せることができます。
逆に糖質を制限してしまうと頭の働きが鈍くなったり、糖質不足でイライラして過食になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

コンブチャマナで無理なくダイエットしましょう

 

 

page top